【入ゼミ企画第2弾:體育會との両立】

【田村次朗研究会を志望する體育會生に向けて】

 個別説明会や座談会等で、體育會との両立は可能であるかどうかの質問が多々寄せられていたので、今回は30期の體育會所属の3人からメッセージをもらいました!


 間違いなくこの研究会は慶應一ハードなゼミです。それでも体育会との両立は100%可能です。なぜなら、このゼミは個人ではなくチームで行うものだからです。体育会の生徒の皆さんならチームワークがどれだけ重要なものか理解されていると思います。自分にできる最大限の貢献をすれば十分にこの組織の中でもチームの力になると思います。そして、貢献する喜びを感じながら、高いレベルの個性的な仲間と努力し続ける経験は大学生活の財産に必ずなります。厳しい環境の中自分を更に成長させ、充実感を得たい体育会生はぜひ応募してください。そして、最後にゼミ内でも体育会ルールは適用されるのでご飯代はしっかり自分が持ちます。 

 體育會ソッカー部 法学部法律学科 奥田廉


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 ゼミには様々な方面で頑張っている人が沢山いて、日々刺激を受けています。ゼミでさせていだいた経験は貴重なものばかりで、その経験は部活をする中でも活きていると思います。皆さんにとっても、きっと自分を成長させられる場所になると思うので、是非入ゼミ試験を受けてみてください!お待ちしています! 

 體育會陸上部 法学部政治学科 松島達樹


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 どのような大学生活を送るにしても、特に体育会生の皆さんは、ゼミ、学部の勉強、部活などの全てを100%満足する状態で手に入れることは難しいです。しかし、それらをできる限り頑張ることで、体育会生であっても部活とは違う面でさらに自分を大きく成長させられると思います。

 今やこれから先、自分にとって何が重要なのかを自分自身でよく考えて、理解し、最後の学生生活で自分が心からやりたいと思うことに挑戦して下さい。もしかしたら、それは田村ゼミではないところにあるかもしれません。でも、もし田村ゼミに興味を持ってくれたら、体育会の後輩には、他のゼミ員とたくさんのことを学んで、さらに体育会という他の多くのゼミ員とは少し違うバックグラウンドを持つゼミ員として自分からも何かを提供できるようなそんなゼミ員になって欲しいと思います。 

 體育會ハンドボール部 経済学部 秋元蘭


田村次朗[活動・研究会]ホームページ

慶應義塾大学 法学部 田村次朗研究会に所属する生徒が更新するホームページです。 田村次朗先生・研究会・その他の活動情報を発信いたします。 旧HP: http://jironet.info