入会選考について

【2019年度32期入会選考】


【お知らせ】(2019年12月6日更新)

32期選考について(2019年度入ゼミ希望者へ)のご連絡です。


【注意事項】

このページは随時更新されます。大学の掲示板の情報よりも、このページに掲載される情報のほうが最新のものになりますので、ご注意ください。


1. はじめに

田村次朗研究会は、企業実務家、法曹、国家公務員など、幅広い分野で活躍できる人間力ある人材の輩出を目標としています。研究会では、経済法(独占禁止法)と国際経済法(GATT/WTO)を学ぶとともに、専門性を十分に発揮するために必要な論理的思考能力、交渉学などの実践的学問も同時に学習します。また、実務で活躍する卒業生と現役生の交流を大切にし、OB・OG会(年1回)や実務家セミナー(年2回程度)等を開催し、常に卒業後を意識して学習する体制にしています。

日本においては、経済法や国際経済法に関する専門的知識を備えた人材が不足しており、日本の国際競争力を低下させる1つの要因ともなっています。当研究会では、卒業後いずれの分野に進む者にも、2年間の学習を通じて、卒業後のより高度な学習・実務に対応できるような実力を養います。

「勉強は楽しく、遊びは真剣に」をモットーに、個性豊かな学生が自ら考え、自ら行動し、自ら学習する研究会を目指しています。


2. 募集人数

25名前後(法律学科)、他学部生は若干名。

※意欲・実力のある方が多数いる場合、予定人数を超えて受け入れる場合があります。



3. 課題書類と提出方法

【課題書類】

(1) アピールシート (必須。下からダウンロードしてください)

1. 自己PRを志望動機と合わせて述べてください。(1500字以内)

2.あなたの個性がわかるようにご自身を何かに例え、理由と併せて教えてください。(500字以内)

・ 所定用紙によらない作成・提出は受理しませんので、くれぐれもご注意ください。

こちらにサンプルを添付するので参考にしてください。

(2) 添付資料 (任意)

・ (1)の内容を具体的に示す資料の提出を認めています。資料としては、2年時までの成績表、スポーツ・文化活動等の参加記録、大会記録・賞状などが考えられます。重複しない限り何種類でも提出可能です。

(3) 「適用除外」申請用紙 (任意)

ファイルをダウンロード

・ 適用除外制度は、法科大学院入試や国家公務員試験などを受験予定の者で、今後の計画が十分に検討されており、着実に取り組んでいくことができると認められる場合、学期中のレポート課題などを免除する制度です。能力ある学生に対して積極的に制度を適用します。

・ 免除申請をすることが、選考に有利・不利な影響を与えることはありません。

・ 適用除外申請を希望される方はお早めに tamuji2019@gmail.com にご連絡ください。

4.本選考について


エントリー(課題書類提出)と面接試験によって選考を行います。

【エントリー】

本登録にて行います。本登録は12/7です。16:30から教室を解放し、17時に教室を封鎖します。場所は三田キャンパス第一校舎、102教室です。当日は17時から1時間ほど時間をいただく予定です。

AS等の課題に関しては、メールではなく、PDFにしたものをUSBに入れ本登録日に持参してください。タイトルはASの場合、「00000000_名前_アピールーシート_田村次朗研究会32期入会選考」添付資料の場合、「00000000_名前_添付資料_田村次朗研究会32期入会選考」のような形式で提出してください。(00000000の部分は学籍番号の意味です)

本登録でのUSB提出をもって、エントリー完了とします。提出していただいたUSBはその場でお返し致します。

【面接試験】

(1)グループ・ディスカッション、(2)能力面接、(3)AS面接、(4)田村先生/院生責任者との個人面接の4回で行います。面接は、「1次、2次・・・」という段階審査ではなく、応募者全員に4回すべてを受けて頂きます。面接試験の具体的内容についてはお答えしかねますが、各回の概要は次のとおりです。

(1)は、応募者4~5名による約20分のグループディスカッションです。

テーマは面接当日お知らせしますが、専門的な議論は要求していませんので、あらかじめ予備知識等を持っている必要はありません。

(2)は、応募者1名につき約15分で行います。質疑内容は、時事問題、法律や経済に対する関心、機転を問うものなどです。答えが決まっている、一定の解を求めるものではありません。皆さんの物事の捉え方を表現して頂きたいと思います。能力面接のテーマについては、本登録後にメールにてお伝えいたします。

(3)は、応募者1名につき約15分で行います。

提出して頂いたAS(アピールシート)をもとに、志望理由や皆さんの学内・学外活動、普段考えていることなどをお聞きします。

(4)は、応募者1名につき約10分で行います。なお、適用除外制度の申請者については、申請理由についても質疑を行います。

【日程詳細】

日程: 12/22(日)

教室: 未定 ※決定次第お知らせします

時間:詳しい時間については本登録日から数日後に連絡します

持ち物: 筆記用具、学生証

【合否連絡】

合否の発表に関しても詳細が決まり次第本HPにて更新してお知らせいたします。

参考に昨年は12/24(月)に応募者全員へメールで通知致しました。


5.他学部選考について


【日程詳細】

日程: 1/19(日)

教室: 未定 ※決定次第お知らせします

時間:詳しい時間については決定次第お知らせします。現在、午前中を予定しています。

持ち物: 筆記用具、学生証

【課題書類と提出方法】

他学部の方に提出いただく書類は法律学科の方と同じになります。詳細は上記の「3.課題書類と提出方法」をご覧ください。

提出については1/12(日)23時59分までに「tamuji2019@gmail.com」宛にメールでご提出ください。

各書類のタイトルはASの場合「01800000_名前_アピールーシート_田村次朗研究会32期入会選考」、添付資料の場合「01800000_名前_添付資料_田村次朗研究会32期入会選考」のような形式で提出してください。

【当日の選考について】

他学部選考は(1)グループ・ディスカッション、(2)能力面接、(3)AS面接の3段階の選考フローになります。各選考につきましては上記の「4.本選考について」をご覧ください。

※他学部選考では田村先生/院生責任者との個人面接は行いません


日程が合わない場合はメールにてご連絡ください。(tamuji2019@gmail.com )

それでは皆さまのご応募、 ゼミ員一同お待ちしております!

Instagram

tamuji2019

慶應義塾大学 法学部法律学科 田村次朗研究会31期 2019年度の活動、入ゼミ情報をお知らせします🖋 経済法 / 国際経済法 / 交渉学 ⚠️入会選考詳細•インタビュー記事はこちらから!👇

投稿65件フォロワー208人445人をフォロー中

Instagram

Twitter